ウォーターフォールモデル 特徴

スポンサードリンク

ウォーターフォールモデルには、どのような特徴があるか。

開発モデルであるウォーターフォールモデルには次のような特徴があります。

 

  • 工程を時系列に分割して管理する
  • 前工程が完了してから後工程を開始する
  • 前工程へ手戻りすると大きな影響が出る
  • 古くからある開発手法で適用事例が多い
  • 大規模システムで採用されることが多い

 

それぞれの特徴について見ていきましょう。

 

工程を時系列に分割して管理する

 

ウォーターフォールモデルでは、システム開発全体を工程(フェーズ)に分割して管理します。
具体的には、システム開発の先頭から
「要件定義」→「外部設計」→「内部設計」→「製造・実装」→「単体テスト」→「結合テスト」→「総合テスト」→「ユーザーテスト」→「本番移行」→「運用・保守」
などのように工程を分割します。

 

各工程の呼び方はプロジェクトにより異なるので、プロジェクトごとにどの用語がどのフェーズに該当するのか良く確認する必要があります。

 

工程の一覧については、以下のページにもまとめているので参考にしてください。

 

 

前工程が完了してから後工程を開始する

 

ウォーターフォールモデルでは、前工程がすべて問題なく完了していることを期待した開発モデルです。

 

その為、後工程の作業中に前工程の不具合が出た場合の考慮はされておりません。

 

しかし実際には後工程で前工程の検討不足や誤り、検討不足が見つかることは少なくなく、この点において現実に即していないとも言えます。

 

前工程へ手戻りすると大きな影響が出る

 

先ほども書いた通り、ウォーターフォールモデルは前工程がすべて問題なく完了していることを期待した開発モデルなので、前工程への手戻りが発生すると大きな影響がでます。

 

この影響は戻る工程が多いほど影響が大きくなります。

 

例えば単体テスト時に製造・実装の不具合が発覚した場合は、製造から単体テストまでのやり直しが必要になります。

 

単体テスト時に製造・実装の不具合が発覚した場合

 

これに対して総合テスト時に外部設計の不具合が発覚した場合は大変です。

 

総合テスト時に外部設計の不具合が発覚した場合

 

実際には一部のテストは影響が無いことを確認できれば省略したり、ここまで厳密にすべてやり直すことは少ないと思いますが、後工程に行くほど手戻りのリスクが大きくなることは分かるかと思います。

 

スポンサードリンク