ウォーターフォールモデル 説明

ウォーターフォールモデルとは

ウォーターフォールモデルはシステム開発プロジェクトを工程別に管理する開発手法・工程管理手法です。

 

水が上流から下流に戻ることなく流れていくように、ウォーターフォールモデルでも原則的に各工程は戻ることなく進んでいることを前提に定義されています。

 

ある程度規模が多いシステム開発において採用されることが多く、適用事例も沢山あります。

 

短所や問題点が指摘されることも少なくありませんが、今のところ一番メジャーな開発手法です。

ウォーターフォールモデル記事一覧

特徴

開発モデルであるウォーターフォールモデルには次のような特徴があります。工程を時系列に分割して管理する前工程が完了してから後工程を開始する前工程へ手戻りすると大きな影響が出る古くからある開発手法で適用事例が多い大規模システムで採用されることが多いそれぞれの特徴について見ていきましょう。工程を時系列に分...

≫続きを読む

工程(フェーズ)の一覧

ある程度規模が大きいシステムの開発で一般的に使用されることが多い工程管理モデルであるウォーターフォールモデルの工程一覧について説明します。ウオーターフォールモデルでは通常、以下の工程に分けてプロジェクトを管理します。工程(フェーズ)やること要件定義(要求定義)ユーザーの要求やシステムの要件を定義しま...

≫続きを読む

メリット・デメリット

ウォーターフォールモデルの特徴でも書いた通り、ウォーターフォールモデルは時系列に工程を分割し、それを上流の工程から下流の工程へと手戻りをすることをなく進めることを想定した開発手法です。古くからある手法であり、適用事例が多く比較的大規模なプロジェクトで採用されることが多い手法です。このような特徴から、...

≫続きを読む