ウォーターフォールモデル 長所 短所

スポンサードリンク

ウォーターフォールモデルのメリット(長所)とデメリット(短所)

ウォーターフォールモデルの特徴でも書いた通り、ウォーターフォールモデルは時系列に工程を分割し、それを上流の工程から下流の工程へと手戻りをすることをなく進めることを想定した開発手法です。

 

古くからある手法であり、適用事例が多く比較的大規模なプロジェクトで採用されることが多い手法です。

 

このような特徴から、以下の点がメリットとしてあげられるでしょう。

 

ウォーターフォールモデルのメリット(長所)

 

ウォーターフォールモデルは、数多くの適用事例があり、一般的なシステム開発プロジェクトの経験者であればほとんどの場合は経験済みの手法なので、多くの説明をせずに理解してもらうことができます。

 

当然、ウォーターフォールモデルでのプロジェクト管理経験が豊富なマネージャーも少なくないですから、プロマネの確保がしやすいというのもメリットです。

 

また各工程での成果を確実に文書化し、承認した上で次の工程へ進むので、成果物が確実に残る点や、工程と対応する成果物が明確で進捗を管理しやすいというメリットもあります。

 

契約の観点から行けば、マイルストーンごとに成果物の承認と請求をセットで設定できるというのも、メリットとしてあげられるかも知れません。
(この辺りは企業の力関係により変わるのかも知れませんが・・・)

 

ウォーターフォールモデルのデメリット(短所)

 

ウォーターフォールモデルのデメリットは、前工程に手戻りすることを想定していない手法であることです。
実際のシステム開発の現場では、契約時や要件定義時では明確ではなかった想定外の顧客の要望やニーズが、仕様を詳細化していく段階で明確になることが多々あります。
それどころか、ユーザーテストで明確になることも少なくありません。
このように現場では、ITベンダー側ではコントロールしきれない要因で手戻りが必要になることがあるのですが、ウォーターフォールモデルではこの点を考慮されていないので、実際に手戻りが発生すると納期遅延や予算超過に繋がっていくのです。

 

基本的にユーザー側は、システムを漠然としかイメージできないケースが多く、要件定義や外部設計でいくらヒアリングしてみても、実際にユーザーテストしてみたり、本番稼働して本気でいじってみないと、やりたいことが明確にならなかったりします。

 

ユーザーが「自分が実現したいことを全て知っている」(又はITベンダーがそれを全てヒアリングできる)という前提でウォーターフォールモデルが定義されている点に相当無理があるといえるでしょう。

 

スポンサードリンク

関連するページ

特徴
工程(フェーズ)の一覧