システム開発 テスト 種類

スポンサードリンク

一般的なシステム開発で実施するテストの種類

システム開発プロジェクトでは、プログラムの製造が完了すると各種のテストを実施して品質を担保します。

 

ただテストと一口に言っても実際には以下の通り様々なテストがあります。

 

  • 単体テスト
  • 結合テスト
  • 総合テスト、システムテスト
  • ユーザーテスト、運用テスト

 

これらのテストはそれぞれ異なる目的を持っている為、テストケースの作り方や実施方法も異なってきます。

 

ここでは、システム開発で実施するテストの種類と、それらの内容について簡単に説明します。

 

※ちなみにテストの名称については統一されているわけではないので、参加するプロジェクト毎にそのテストが実際に何を指しているのかを確認するのはとても大事です。

 

単体テスト(UT)

 

単体テストは UT ( = Unit Test )と略されることもあります。

 

文字通り作成したプログラムを単体でテストするかをテストします。

 

ただ、実際には最近のプログラムでは一つの機能を動作させるのに複数のモジュールを組み合わせるのが一般的です。

 

その為、最近では「単体のプログラム」のテストではなく、「単体の機能」を指すことが多いように思います。

 

(共通部品の場合はこの限りではありませんが。)

 

私が経験したプロジェクトでは、プログラムを実装した人が単体テストも実施するケースが多かったです。

 

結合テスト

 

結合テストは IT ( = Integration Test ) とか JT ( = Joint Test )と略されることがあります。

 

この結合テストは、更に以下のように様々な結合テストに分割できるので、別ページで説明します。

 

一口でいうと、複数の何かを結合して動作確認するテストなのですが、「何を結合するか」で複数のフェーズに分けられます。

 

結合テストについての解説はコチラ → 結合テストの種類と目的

 

総合テスト、システムテスト

 

総合テストは PT ( = Product Test ) とか ST ( = System Test ) と略されることがあります。

 

総合テストの目的は、構築システムが本番業務の要件を全て満たしているか、ITベンダーが全体を総合して確認することです。

 

基本的にはユーザーにお披露目する前に実施する最後のテストとなります。

 

総合テストでは、通常全サブシステムが共同で実施し、各サブシステムで想定される処理を一通り実施します。

 

バッチ処理も月次処理や四半期次処理、年次処理などすべての処理が業務に即した形で実施できるよう、システム上の見做し日を変更しながら一通りテストします。

 

この総合テストではどんなカレンダーでテストを実施するのかが大変重要であり、参加するメンバーは自分のサブシステムの処理が漏れなく実施できるようにカレンダーを作成する必要があります。

 

ユーザーテスト、運用テスト

 

総合テストの実施が完了し、ITベンダー側でシステムが完成したと判断された後、最後にユーザーで実際の業務要件を満たしているかを実際の業務に即してテストします。

 

ユーザーテストのテストケースは基本的にユーザーが作成することが多いですが、実際にはエンドユーザーはテストケースの作成に不慣れなケースが多いため、システム担当者がテストケース作成を支援することも多いです。

 

ユーザーテストが完了して検収が完了すると、後は本番移行を待つのみとなります。

スポンサードリンク