システム開発プロジェクト 契約形態 選択基準

スポンサードリンク

ITベンダーとの契約は、どのように契約方法を選択するべきか

このページでは、システム開発プロジェクトを契約する際に、どのような契約形態を選択するべきかを説明します。

 

システム開発プロジェクトの場合、基本的に請負契約か準委任契約で発注することになるかと思います。

 

契約の種類と内容については、以下のページを参照してください。

 

システム開発の契約の種類と、契約ごとの内容の違い

 

どのような契約にするべきか

 

経済産業省がベンダーとユーザーの取引や契約書のモデル化を検討した結果、およそ以下のような契約形態をモデルとして提示しています。

 

<参考>
【経済産業省】産業構造・市場取引の可視化

 

※以下は経済産業省が提示した契約形態をもとに一部用語を変えています。

 

プロジェクト・フェーズ 契約形態
システム化の検討 準委任契約
要件定義 準委任契約
外部設計(概要設計) 準委任契約 or 請負契約
内部設計(詳細設計) 請負契約
製造 請負契約
UT:単体テスト 請負契約
IT:結合テスト 請負契約
PT:総合テスト(プロダクトテスト) 準委任契約 or 請負契約
ユーザーテスト(運用テスト) 準委任契約 or 請負契約
本番稼働後の運用・保守 準委任契約 or 請負契約

 

上記の契約方法を見ると分かることは、ユーザー(顧客)が主体的に取り組む必要があるフェーズは準委任契約に、逆にユーザーが関わらなくてもITベンダーだけで作業が完結できる部分は請負契約が主体になっています。

 

請負契約と準委任契約の選択基準

 

請負契約はユーザーの観点から見れば成果物の完成が約束されている為、一見安心な契約形態です。

 

しかし、請負契約の場合はユーザ側でプロジェクトを成功に導く責任感が薄れて、ITベンダーへすべてを丸投げし、結果としてプロジェクトが失敗になる可能性もあります。

 

要件定義や外部設計などの作業は、ユーザーの要求・ニーズを明確にし文書化していく必要があります。

 

しかし、これらのフェーズで顧客側に丸投げ意識が生まれてしまうと、ユーザーの要求がうまく反映されていないシステムが構築され、結果としてプロジェクトが失敗するこにもなりかねません。

 

逆にITベンダーの視点に立てば、顧客側から必要な協力が受けられないのに成果物の完成を必ず求められるのは大きなリスクです。

 

システム開発には莫大なコストと期間がかかりますから、プロジェクトを成功に導くためにも、ユーザーが主体的にかかわるべきフェーズに関しては準委任契約の方が適しているといえます。

スポンサードリンク